ざそうができやすい食べ物には、どんなものがあるでしょう。 昔からチョコレートやアーモンドがニキビを悪化させるというものは有名ですが、実はニキビになりやすい食べ物はそれだけではないのです。 では、どんなものがあるかというと、まず基本的に脂肪分の多い食べ物は、ニキビの原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)になりやすいと考えてよいでしょう。 チョコレートやアーモンド(アジア西部が原産だといわれているバラ科の落葉高木で、和名は扁桃や巴旦杏などです)などのナッツ類がニキビに悪いという名前ののは、この脂肪分の多さが理由です。 ですから、当り前ですが、揚げものなどもニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)には大敵ということになりますね。 また、糖分の多い食べ物もニキビができやすくなるので、ケーキなどのお菓子類もNGです。 チョコレートはこの点でも引っかかってしまいますね。 この他にも、刺激の強い食べ物がニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)には悪いとされています。 例えば、唐辛子やニンニク、スパイスなどの香辛料です。 香辛料などの刺激物は消化器官の働きを弱めてしまったり、血糖値を上げてしまうことがあるため、ニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)には良くないといわれているのです。 それから、アルコール類はニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)の炎症を悪化させてしまうので、できるだけ避けた方がいいでしょうー